開放的でノスタルジックな空間を提供するKIHARU Brasserieは、自由で活気あるライブ&オープンのコンセプトに沿って、定期的に音楽イベント「Retrospective Live」を開催しています。
 
2020年最初のRetrospective Liveは、誰もが足を止めるトラフィックストッパーと評される京都出身のシンガー和紗を迎え、初春の京都の夜を心地よい音楽で満たします。
 
後援:エフエム京都 α-STATION

開催日時

2020年3月20日(祝・金)
ドアオープン 18:00~ 開演 18:30~

出演アーティスト

和紗

チケット料金&内容

チケットタイプ 前売券
カジュアルシート(C席) 5,500円(ワンドリンク付)
ハイチェアシート(H席) 4,950円(ワンドリンク付)
カジュアルバックシート(CB席) 4,400円(ワンドリンク付)

※全席指定です。ドアオープン後、ライブ終了まで会場バーカウンターにて追加ドリンクやスナックを有料でご注文いただけます。
※料金には消費税が含まれます。
※小学生以下のお客さまのご入場と膝上でのご利用はできません。
※車両の運転を予定されているお客さま、および20歳未満のお客さまへの酒類の提供はできません。

フロアマップ

チケット購入方法

チケットぴあウェブサイトにてご購入ください。または全国のチケットぴあ店舗、セブン—イレブン、サークルKサンクスでもお買い求めいただけます。

チケットぴあ https://t.pia.jp/
Pコード 174-196

前売券販売期間

~2020年3月19日(木)23:59

和紗について

京都出身。
ドラマーの父、長唄・三味線を演ずる母の影響で幼少期より音楽に親しむ。京都市少年合唱団に5年間在籍し、高校在学時に作詞・作曲活動とバンドにてシンガーとしてのキャリアをスタート。京都・木屋町通りでのストリートライブも始め、その声は道行く人の足を止め、噂だけで人が増えていき、京都のトラフィックストッパーと呼ばれるようになる。

2009年Sony Musicよりメジャーデビュー。
Stand Up For Loveがフジテレビ系ドラマ「逃亡弁護士」の主題歌に起用。映画「君の名は。」で話題のアニメーション作家、新海誠の短編映画「だれかのまなざし」への主題歌提供や、『京都国民文化祭 2011』開会式セレモニーにて、皇太子殿下の前で歌声を披露する。

現在はフリーランスに転身し、京都を中心に活動中。2019年にデビュー10周年を迎え、7月にはロームシアター京都サウスホールで記念公演開催。

問い合わせ

エフエム京都 075-344-2894